ニュースリリース

2015.03.27

■新宿フレスコ、グランドオープン!

東和ジェイズグループ・東和産業株式会社を代表する新宿FRESCO(フレスコ)が3月27日(金)20周年を迎えました。



FRESCOとはイタリア語で「新鮮」の意味です。
当社が「パチンコ・ルネッサンス」と銘打って誕生させた当時、都心の高級シティホテル内にオープンしたことで、業界のイメージを一新させるホールとして日経新聞1面や多くのマスコミなどでも紹介
され話題を呼びました。


【店舗規模】
東京新都心、都庁横にある新宿エリア最大規模の客室数を有する新宿ワシントンホテルビルB1F・1Fにあり、全国唯一といってよいホテル内のパチンコ店です。 

パチンコ:333台 スロット:163台 総台数:496台
駐車場:750台



【店舗デザイン・雰囲気】
平成7年3月27日のグランドオープン時に打ち立てた

「パチンコ・スロットルネッサンス」のコンセプトをもとに、

時代と共に進化する機能と、古き良きものとの共存を目指した店内になっています。
20年前に描かれた1F部分のフレスコ画は経年後もごく自然な存在感を示しております。
また、高級感のあるゴールドを基調とした景品カウンターやコンシェルジュカウンターも設置され、遊技環境の質を最大限向上させ、新都心のアミューズメントスポットらしい空間が整っています。